top of page

HAWTHORN

ホーソン                                 

Crataegus cuneate



ホーソンは、バラ科に属する、世界中の丘陵地帯や日当たりの良い森林地帯で背丈約1.5メートルまで成長する、一般的なトゲのある低木です。花は5月に咲き、白、赤、ピンクの小さな房状になって集まります。花の後には、サンザシの実と呼ばれる小さな実がつきます。
ホーソンの実、葉、花は古くから薬用として使用されてきました。現代では主に葉と花が製剤に使用されます。これらは実よりも豊富なフラボノイドを含んでいると考えられています。

ホーソンは、昔から鎮静剤として、軽度のストレス症状を緩和し睡眠を助けるために使用されてきました。また、月経や膀胱のトラブルにも効果があるとされています。消化器系の症状、例えば胃痛、消化不良、下痢にも用いられることがあります。

私たちのホーソンはアルバニアで無農薬、無肥料に徹底的にこだわった『ワイルドクラフト』した物を仕入れています。

HAWTHORN

¥270価格
  • 学名                      fructus crataegi

    英名                      Hawthorn berry

    和名                       さんざし(山査子)

    科名                        バラ科

    原産国                   アルバニア

    使用部位                果実

    作用                         強心・血管拡張・血圧降下・利尿

     味と香り               甘い香りはするが、味はほぼ無い

    注意事項                  子供

bottom of page