Organic Curry Leaf

オーガニック カレーリーフ

カレーリーフの木は、ミカン科の常緑低木です。
ヒマラヤ山麓や南インド、スリランカなどのアジアに自生しています。
スリランカでは自家栽培をしている家庭が多くあり、毎日の食事に、常に新鮮なカレーリーフを手に入れることができます。
南インドやスリランカではカレーなどの料理の香り付けとして用いられており、欠かせない材料のひとつとなっています。
ちなみに、カレー粉はカレーの葉ではできていません。 

カレーリーフには揮発性のエッセンシャルオイル、脂肪油、タンパク質、砂糖、デンプン、セルロース、ミネラルのカリウムとリンが含まれています。
カレーリーフのオイルには、α及びβ-ピネン、カリオフィレンが含まれています。
これらは、クローブやシナモンにも含まれています。
アーユルヴェーダでは、カレーリーフがアグニを強化し、ピッタとヴァータのバランスをとると信じられています。
カレーリーフは、滋養強壮・食欲増進・解熱・消化促進、ウイルスなどの殺菌・抗炎症作用・発疹抑制・駆風作用・浄血作用などの効能があるといわれています。

Curry Leaves.jpg

学名

Murraya koenigii(ムラヤコエニギイ)

科名

ミカン科

使用部位

原産国

インド

No harmful Chemicals.png

No Harmful
Chemicals

No GMO or Modified Ingrediants.png

No GMOs or Modified Ingredients

No natural or artificial flavours.png

No “Natural” or Artificial Flavors

world-map-green-hi.png

Srilanka

Smile Forest

new project.png