Organic Cumin

オーガニック クミン

クミンは、東地中海から東インドの原産です。
古代エジプト時代には、王侯貴族の死後、その肉体をミイラ化するための防腐剤としてシナモンやアニスなどと一緒に使われていたそうです。
エジプトや西アジアでは古くから栽培されていたため、この地方の料理にはよく使われています。
米国ではチリのレシピの多くにクミンが含まれ、インドではクミンはカレーだけでなく、コルマ・マサラ・スープ・その他の伝統的なレシピに使われています。
クミンはライデンチーズなどの一部のチーズや一部のフランスパンにも含まれています。
クミンには抗酸化成分であるクミンアルデヒドやリモネンなどが含まれていて、老化防止や免疫力改善などに効果があるといわれています。
またアーユルメディックの医療行為にも、乾燥クミンの種子を使用します。
多くの場合ギー(清澄バター)で処理されたクミンは、食欲、消化、視力、強さ、発熱、下痢、嘔吐、浮腫に役立ち、授乳を促進させる効果もあるそうです。

学名

Cuminum cyminum

科名

セリ科

使用部位

種子

原産国

インド

cumin 1st.jpg
No harmful Chemicals.png

No Harmful
Chemicals

No GMO or Modified Ingrediants.png

No GMOs or Modified Ingredients

No natural or artificial flavours.png

No “Natural” or Artificial Flavors

world-map-green-hi.png

Srilanka

Smile Forest

new project.png