© 2018 by smileforest.org

  • Smile Forest
  • Smile Forest

Smile Forest

Smile Forest

ORGANIC

有機食品

有機農法によって生産された生鮮食品や加工食品。

人工農薬や化学肥料などの合成化学物質、遺伝子組換え作物(GMO)不使用。。

ポリシー

有機食品の生産は主流以外の代替農業方法として始まりましたが、最終的には2つに分けられました。

 1.正式に有機認証されていない小規模農場で、地元の新鮮な有機栽培食品。

 

(2) 長距離輸送され、典型的な食料品店チェーンを通じて販売される大規模な有機認証食品。

消費者が地元の農家を知っており、農家の生産方法を信頼している場合、消費者は認証ラベルを要求しない場合があります。

一方、遠く離れて生産され出荷される有機食品は、消費者の信頼を促進し、詐欺を防ぐために認証ラベルを必要とする可能性が高く、これは国家の認証規則がいかに最も有益であるかを示しています。
 

消費者と農業者が地理的に離れている場合、規制基準が最も重要であり、規制基準はより産業的なシステムに参加する大規模な生産者に対応する可能性が高いのです。

この規制基準は、有機食品の生産に関する消費者の考えと必ずしも一致しません。

有機食品の生産には通常、小規模な家族農場のイメージや動物の人道的な扱いが含まれています。

一般的に、有機食品を取り巻く規制は、家族農場、農場労働者の賃金、または農場の規模に関するより複雑な社会的懸念に対処しておらず、また一部の地域における有機政策は動物の福祉にほとんど取り組んでいません。

有機規制は国によって異なり、ヨーロッパの基準管理はレベルが高いといわれています。

欧州連合(EU)における有機農業の目的には、自然の生物学的システムを尊重し、持続可能な管理システムを確立することが含まれます。

責任を持って、水・土壌・空気を使用すること

種特有の行動ニーズを満たす動物福祉基準を遵守すること

さらに、EUにおける有機生産の原則は、生態系を促進するための農場の設計と管理、および農業システム内での天然資源の使用に基づいています。

これらの政策目標は、有機生産における禁止物質の定義されたリストをはるかに超えています。
 

環境
有機農業の全体的な影響は環境に有益である。

認証された有機生産方法は合成肥料や農薬の使用を禁止しており、化学物質の流出や土壌や流域の汚染を減らしています。

小規模な有機農業は、多くの場合、現場で作られた堆肥に由来する肥料などの農場への投入を使用するために、重要な環境上の利点に関連付けています。

これとは対照的に、大規模な有機農場はしばしば外部で生産された投入材を必要とし、統合的な農法を採用しないことがあります。

これらの作業では、土壌の肥沃度を高めるために農場内で作業するのではなく、肥料として使用する魚の乳剤や血粉など、特定の許容投入量を購入することができます。

この合成化学物質使用の減少は工業農業と比較して環境に利益をもたらすが、これらの方法は長期的な持続可能性を促進しない可能性があります。

というのは,農場外投入材は通常,農場内投入材よりも大きな化石燃料使用を必要とするからです。
 

社会

有機食品に関する社会的な懸念には、消費者に対するコストの上昇や需要の地理的変動が含まれます。

有機食品は通常、労働集約的な方法、認証コスト、作物収量を上げるための化学物質への依存度の低下により、従来の食品よりも消費者にとって高価です。

これは多くの場合、有機食品への不平等を意味します。

研究によると、豊かさと教育水準の向上は有機食品の購入と相関していることを示しています。

さらに、一部の低所得国では、富裕国への輸出のみの認証有機作物を生産する傾向があります。

その為、農家自身が生産している有機食品を購入する余裕がない状況をつくりだします。

この戦略は短期的には経済的利益をもたらすかもしれないが、農業者が地域社会に食料を供給する食糧作物の生産を余儀なくされ、食糧不安を増大させるのが懸念されます。

認証有機農業はまた、多くの場所で大きなビジネスとなっており、より大規模な農業事業は、国内および世界の認証有機食品市場で重要な役割を果たしています。

規模の経済を考えると、大きな食品加工会社は、多くの場合、それぞれがより小さな面積で栽培する多くの、より小さな農場からではなく、何エーカーもの土地で有機作物を生産する単一の農業経営から購入することが多いです。

これらの市場での小規模農家の参加を事実上制限します。

有機認証プロセスは、一部の小規模農家に非常に高価な可能性があるため、農家間の格差もあります。

認証補助金は一部の地域に存在しますが、そのような農家は、農家の市場で消費者に直接販売することを選択することが多く、有機認証を完全に放棄することを決定する場合があります。

有機食品は、消費者がより健康的で、環境に有益な方法で成長していると認識している食品をますます求め、購入するようになって、人気が高まっています。

実際、消費者は残留農薬やGMOへの曝露を減らすために有機食品を購入しています。

ある研究によれば、有機農法で生産された作物は、同等の非有機農法で生産された作物よりも栄養価が高く、有機農法で生産された食品の方がおいしいと考える人もいます。

しかし、世界中から出荷される有機食品が本当に持続可能な食料生産方法であるかどうかは疑問です。

地元の農家から有機的に生産された食品は環境的に持続可能であるが、そのような取り組みの経済的持続可能性は困難な場合があります。

人類は気候変動と戦うために化石燃料への依存を減らさなければならないが、多くの有機政策は持続可能性の問題に取り組むことはほとんどなく、農業と食料の包括的な長期的展望よりも、禁止物質の厳格なリストに焦点を当てています。